三秋里歩の実家は貧乏だった!現在もバイトで食いつないでいるの?

      2019/03/21



2018年8月から吉本坂46のメンバーとして活動している三秋里歩さん。

元NMB48のメンバーでもあり、人気アイドルとしても活躍していました。

最近ではマルチタレントとして、バラエティ番組にも出演しています。

そこでは、実家が貧乏だったため、数々の仰天エピソードを披露していました。

今回は、現在もバイト生活で食いつないでいるという三秋里歩さんについて調べていきたいと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link




三秋里歩のプロフィール

三秋 里歩(みあき りほ)さんは1994年8月24日生まれで、京都府の出身です。

2016年2月5日より、本名および旧芸名の「小谷 里歩(こたに りほ)」から「三秋 里歩」に改名しました。

そんな三秋里歩さんの芸能活動のきっかけは、2010年9月20に行われたNMB48のオーディオに合格し、第1期生として活動を始めたところからでした。

そして、2012年11月より、AKB48チームAとの兼任を開始しています。

しかし、2013年5月には、AKB48チームAとの兼任を終了しました。

そして再び、2014年4月から、AKB48チームAとの兼任を開始しました。

その後、2015年5月にAKB48チームAとの兼任を終了しています。

そして、2016年2月にNMB48からも卒業しました。

この時に芸名を改名しています。

NMB48のメンバーとしての活動期間は6年あまりですが、その間にはAKB48との兼任を繰り返し、目まぐるしい活動をされていますね。

何となく地に足がつかないようにも感じますが、それが普通のことなのでしょうか。

そして、2017年6月17日に公開された映画「霊眼探偵カルテット」では、初の主演を務めました。

その後2018年8月20日には、吉本坂46の第一期生としての活動を開始しています。

吉本坂46のメンバーは、吉本のお笑い芸人だけで構成されているのだと思っていましたが、普通のアイドルも在籍できたのですね。

何はともあれ、そんな厳しいオーディションを勝ち抜いた、三秋里歩さんの運の良さと、その実力が認められたということですね。

オススメ記事ゆりやんが英語ペラペラなのはなぜ?学歴や大学についても調査

三秋里歩の実家は貧乏だった!

芸能界での活躍の場を広げ、バラエティー番組にも出演する機会の多くなった三秋里歩さん。

おっとりとした喋りながらも、そのトーク力には定評があり、様々な貧乏エピソードを披露しています。

京都出身の三秋里歩さんは、幼少期から極貧生活を送っていたようです。

京都のイメージとしては、古都のハイソな人たちか暮らしており、貧乏とはあまり結び付きません。

とはいえ、様々な人が生活を営んでおり、ほかの都市と変わらず、その生活レベルにも格差はあるのですね。

三秋里歩さんの実家では、貧しい家庭の中でも、相当なレベルだったようです。

まずは、家族5人にはそれぞれの布団が無く、毛布だけで生活していたそうです。

しかも家はボロボロで、隙間風が常に入ってくるようなたたずまいでした。

風呂にはアメンボやナメクジがおり、トイレはボットン便所だったそうです。

時代だったとはいえ、平成生まれの三秋里歩さんが住む家としては、実際に存在していたのが驚きです。

京都の中でも下水が整っていないほどの田舎だったのですね。

そして、当時の食生活もかなり寂しいものでした。

すき焼きには肉が入ったおらず、代わりに「お麩」が入っていたそうです。

しっかりと味のしみ込んだお麩は美味しそうですが、あくまでもサブの食材ですよね。

本物のすき焼きに出会った三秋里歩さんはどのようなリアクションだったのでしょうか。

また、あまりの空腹に耐えきれなかった時には、近所の焼肉屋の排気孔からの臭いで、空腹を紛らわしていたそうです。

ほかにも数々のエピソードを話していますが、普通は恥ずかしくて隠してしまうような内容ですよね。

そこで完全に開き直り、その貧乏エピソードの数々を、仕事に結びつけようとするプロ根性には頭が下がります。

Sponsored Link




三秋里歩は現在もバイトで食いつないでいるの?

NMB48やAKB48のメンバーとして活躍していた三秋里歩さんは、バイトをしなければならないほどの生活環境だったのでしょうか?

メンバーのなかでも、その経済格差はマチマチで、副業を余儀なくされてしまうこともあるのですね。

そんな三秋里歩さんもまた、バイト生活を行いながらアイドル活動を続けていたそうです。

おそらくは、普通に生活するくらいのお給料は貰っていたはずですが、根っからの貧乏性からくる行動だったのかもしれません。

今では、それなりに稼いでいるはずですが、貧乏という恐怖がぬぐい切れずに、必要以上の節制した生活を送っているのでしょうね。

それを裏付けるエピソードも残されています。

AKBグループから卒業した今でも、楽屋に顔を出し、メンバーのために用意されているケータリングを食べたり、持ち帰ったりしているそうです。

現役メンバーの中でも三秋里歩さんの貧乏性ということが知れ渡っており、特に誰も気にしていないのでしょうか。

スタッフもそんな三秋里歩さんを無下に追い返したりはできないのでしょうね。

さらに悲しいエピソードとしては、三秋里歩さんが自分の欲しいものをTwitterでつぶやいて、「ファンにおねだりする」ということもしているそうです。

これらの行動には多くの物議もありますが、捨て身の貧乏アイドルだからしょうがないという風潮のようです。

普通のアイドルとしては、恥ずかしくて、切なくも感じさせる行動ですが、「貧乏アイドル」という確固たる地位を築いた三秋里歩さんの生きざまなのですね。

もうしばらくは、細々としたバイトを続けているのかもしれません。

オススメ記事山本彩の彼氏が山本裕典て本当なの?中居くんによる誘導尋問を検証

↓元NMB三秋里歩&高野祐衣が合格!吉本坂46ビジュアルメンをピックアップ 『吉本坂46メンバーお披露目会』

おわりに

AKBグループのOGなどを含めても、三秋里歩さんの貧乏度はダントツのようです。

逆にそこまで突出していると、それはそれで厳しい芸能界を生きていく上での強力な武器になります。

今後は売れていっても、貧乏キャラを守りつつ生きていくのでしょうね。

三秋里歩さんの貧乏エピソードは、まだまだ披露されていないことも多くあるようです。

それらを小出しにしながら、売れっ子タレントとして活躍してほしいと思います。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます!



↓宜しければ、応援のほどよろしくお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ




 - タレント , , , ,