オカリナ(芸人)の本名や身長・体重は?看護師を辞めた理由も調査

   

お笑いコンビ「おかずクラブ」のオカリナさん。

数いる女芸人の中でもその独特の存在感で、他を圧倒している感じがします。

その個性的なルックスはもとより、肝の据わったような動じない態度も気になりますよね。

オカリナさんのもともとの性格なのか、看護師という経験がオカリナさんの性格を作り上げていったのでしょうか。

そんな気になることだらけの女性ですが、今回はオカリナさんの本名や身長・体重、そして看護師を辞めた理由についても調べていきたいと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link




オカリナ(芸人)の本名や身長・体重は?

まずは簡単なオカリナさんのプロフィールから紹介しますね。

本名は稻尾 真季(いなお まき)さんとおっしゃいます。

1984年9月28日生まれなので、2019年誕生日で35歳になるのですね。

最近さらに貫禄が増してきたと思っていましたが、年齢的には中堅に差し掛かっていたのですね。

そして気になる身長と体重ですが、身長は152㎝と小柄ですが、体重はかなりの増減があるものの、70㎏前後をキープしているようです。

体型に関しては相方のゆいPに圧倒されているため、体重はそれほど気になるレベルではありませんね。

血液型はA型ということなので、素は几帳面で真面目な性格の持ちぬしなのかもしれません。

看護師を志したきっかけもオカリナさんが中学2年生の時に、祖母が脳梗塞で亡くなったのを目の当たりにしたことでした。

人って死ぬんだ」と人の死に直面したオカリナさんは、目の前の家族を助けたいという衝動に駆られ、頑張って看護師になろうと考えたそうです。

医療に携わろうという人は多くいますが、オカリナさんのように、素直で純粋な気持ちを持っているということは、本当に貴重なことだと思います。

真面目なオカリナさんらしいエピソードですよね。

オススメ記事河邑ミク かわいい女芸人のネタ動画や松岡茉優のモノマネを調査!

オカリナ(芸人)の看護師への道

宮崎県出身のオカリナさんは中学卒業後に、奨学金を利用して地元の日南学園高等学校看護科に進学します。

その奨学金の受給資格というのが、看護師の資格を取得後、3年間看護師として働くことが条件でした。

高校を卒業したオカリナさんは准看護師の資格を取得しましたが、看護師の資格を取得するために、香川看護専門学校へ進学しました。

そして専門学校に進学した2年後に看護師の国家試験に臨むことになります。

しかし、合格率が9割を超える看護師国家試験に、クラスで1人だけ落ちてしまいました。

クラス内での成績も悪くなかったオカリナさんは、国試対策の勉強を一切行わなかったそうです。

少しくらい成績が悪かった方が必死になれたのかもしれませんね。

人生で初めて味わった挫折だったそうですが、失意のどん底のまま、准看護師として働くことになりました。

そこからは国家試験に対する考え方を改め、働きながら必死に勉強したそうです。

新しい環境で働くということは、慣れるのにも苦労したと思いますが、「看護師の資格を取得するまでは実家に帰らない!」という強い意気込みで、自分を追い込んでいったそうです。

そういう意味では、その後の人生においても、挫折という経験が大いに役に立っているのでしょうね。

2回目の国家試験で看護師の資格を取得したオカリナさんは、4年間、看護師として頑張って働きました。

その間には様々な経験をし、芸人になってからも看護師時代のエピソードを披露していますよね。

オカリナさん自身も看護師時代の経験が、人生において非常に役に立っていると話しています。

その経験こそが、オカリナさんの大きな自信にもつながっており、浮き沈みの大きい過酷なお笑いの世界でも、飄々としているのでしょうね。

Sponsored Link




オカリナ(芸人)が看護師を辞めた理由は?

厳しい授業や国家試験を乗り越え、せっかく看護師になったオカリナさんでしたが、実は密かにお笑い芸人になることを夢見ていたのです。

きっかけは、厳しい実習の日々で疲弊しきっていた高校2年生の時でした。

気分転換にと友人が見せてくれた「M-1グランプリ」でハリガネロックが披露した漫才に強い感銘を受けることになります。

ただちにお笑い芸人になるための行動に移したかったオカリナさんでしたが、とりあえずは奨学金の条件を満たすまで我慢することにしました。

厳しい学生生活から逃げ出さずに、看護師の資格を取得し、実際に臨床の現場で働いたことが、結果的には現在のオカリナさんを作り上げることになったのです。

仮に看護学校を途中でやめて、お笑いの世界に入っていたとしても、今のようにブレイクはしていなかったのでしょうね。

何とか奨学金のノルマをクリアしたオカリナさんは、NSC東京校の15期生としてお笑いの世界に飛び込むことになります。

最初は親に内緒でお笑いの世界に進みましたが、何とかブレイク出来て良かったですよね。

そんなオカリナさんですが、看護師として働いている時には、自分の生き方にしっくりと感じていなかったようです。

お笑いの世界に入った瞬間に、「自分の人生はこれだ!」と感じたそうです。

自分の憧れている職業に就いた時に、それが天職という人の方が少ないのではないでしょうか。

それでも仕事を辞めることが出来ずに、ストレスを抱えながら働いている人も多いと思います。

オカリナさんの場合も、辛い仕事を我慢して続けてきたことで、自分の人生やお笑いに対してもしっかりと考えることが出来たのでしょうね。

オススメ記事阿佐ヶ谷姉妹は本当の姉妹?年齢などの二人のプロフィールを紹介

↓オカリナが語るイッテQの一番過酷ロケ よしログ




おわりに

オカリナさんを初めてテレビで見た時には、その強烈なキャラクターに驚きを覚えました。

そう考えると、そのキャラクターは看護師としてはもったいないですよね。

とはいえ、看護師というのは、非常に尊い仕事だと思います。

そんな尊い仕事を経験してきたオカリナさんには、尊敬の念も集まっているのかもしれません。

看護師とお笑い芸人というギャップも面白いと思いますが、オカリナさんの場合は、独特のキャラクターを持っており、それが人気の秘訣なのでしょうね。

とりあえずは、オカリナさんが真面目で実直な性格の持ち主ということが分かりました。

今後もその人気は衰えることなく、安定した芸人人生を送れると思います。

あとはオカリナさんの結婚が気になりますよね。

子供が産まれたらきっと優しいお母さんになるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます!



 - お笑い芸人 , , , , ,