橋下徹 現在の仕事は?所属事務所タイタンとの関係についても解説

      2018/11/29

チャラいイメージの弁護士として、テレビ番組で活躍していた橋下徹さん。

そんなイメージから一転し、政治家として活動されました。

政界では大暴れし、非難を受けながらも自分の信念を貫き通してきましたね。

しかし、2015年12月18日には大阪市長の任期満了に伴い政界からは完全に引退してしまいました。

引退してからしばらく経ちますが、現在の仕事は何をしているのでしょうか?

今回は、所属事務所であるタイタンとの関係についてもあわせて解説していきたいと思います。

Sponsored Link




橋本徹さんの略歴

橋下 徹(はしもと とおる)さんは1969年6月29日に東京都渋谷区で誕生しています。

幼い頃に父親を亡くし、貧しく辛い生活を送っていました。

小学校5年生の時に大阪に移り住み、中学高校時代を大阪で過ごしています。

高校時代にはラグビーに打ち込み、高校日本代表候補にも選ばれています。

文武両道を絵に描いたようなひとですよね。根底には、貧しい幼少期からの雑草魂と、もともと持っている資質が今後の人生にも大きく影響していきます。

高校卒業後は早稲田大学に進学し、学生ビジネスで訴訟問題を抱えた経験から、法律家を目指すようになりました。

大学時代にも金銭に対しては貪欲な生活を送り、結果的に弁護士になることを決意します。

弁護士になることを決意した橋下徹さんは猛勉強の末、大学を卒業した1994年に司法試験に合格しています。

1995年には高校時代の同級生だった典子さんと結婚し、3男4女計7人の子供に恵まれました。行動力や活力を含めたすべての面において凄すぎですよね。

司法修習を終えた1997年から本格的に弁護士として活動することになります。

1998年には大阪市内に「橋下綜合法律事務所」を立ち上げ、独立しました。

2003年4月からは「行列のできる法律相談所」にレギュラー出演し、その名を全国に広めることになります。

その後、やしきたかじんさんといった著名人からの後押しもあり、2008年2月6日に第52代大阪府知事に就任しました。

金銭には貪欲であるはずの橋下徹さんは、まずは自身の給料カットから始め、次々と大阪府の改革を進めていきます。

その間に「維新の会」を立ち上げ、様々な政策に取り組み、精力的に政治改革を進めていきます。

当時の橋下徹さんの動向は、大阪人はもとより、全国でも大きな注目を集め、その行動力に驚きながらも、凄い声援が集まりました。

その後、2011年12月19日から2015年12月18日まで大阪市長を務めます。

多くの応援を集めていましたが、そこには反対勢力も多く、橋下徹さんや家族に対してまで危険が及んでいましたが、何とか無事に切り抜け、職務を全うしてくれたことに本当に感謝ですよね。

オススメ記事歯周病の治療が全身疾患を治す!その原因と症状を解説

橋下徹さんの現在の仕事は?

政界から完全に引退した橋下徹さんは弁護士として復帰し、橋下綜合法律事務所に戻っています。

通常の弁護士業務とは別に顧問弁護士としても200社との契約を結んでいるそうです。

弁護士だけでの稼ぎも相当なものですよね。

しかも、橋下徹さんは1本100万円のギャラといわれている講演会も数多くこなしています。

そして、「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」というオンラインサロンを月額10800円で行っている他、有料のメルマガ(月額1000円で月4回)も配信しています。

どこまで稼げば気が済むの?」というその貪欲さに感心するとともに、、良くそこまで体が動きますね~!というのが、率直な感想です。

しかも、タレントとしても徐々に活躍の場を広げようとしています。

今後政界には戻る気持ちは無いそうですが、現在の仕事を考えると当たり前なのかもしれません。

政治家時代には様々な制約があり、ストレスがたまる一方で、激務かつその労力に見合わない給料で頑張っていた橋下徹さんがいました。

橋下徹さんだからこそ出来ていたという事実もあります。

そんな生活から解放された橋下徹さんは、自分の好きな仕事に戻り、余計なストレスも無く、給料も激増という現在の状況を考えると、政界に戻る気力が無いということはしょうがないことですよね。

しかし一方で、橋下徹さんのような政治家はいないので、可能であれば政界に戻り、政治改革を推進してもらいたいとは思います。

橋下徹さんがいなくなった「維新の会」の状況は散々なもので、今では目も当てることが出来ないありさまです。

「維新の会」の中にも真剣に改革に取り組んでいるごく少数の議員もいますが、橋下徹さんのような求心力の存在が必要なことは否めませんね。

参考記事足立康史衆院議員の経歴は凄いけど議員としての評判どうなの?

Sponsored Link




橋下徹さんと所属事務所タイタンとの関係

大阪府知事に就任後、芸能事務所タイタンと業務提携し、自身のマネージメントを委託するとともに、タイタンの顧問弁護士も務めました。

その後一旦、タイタンとの関係を解消しますが、政界引退を機にタイタンとの再契約を結び、タレント兼顧問弁護士も務めています。

そして先日、タイタンが橋下徹さんの件に関して、日本維新の会に損害賠償請求で提訴しましたね。

橋下徹さんとタイタンとの関係を知らなかったのですが、その付き合いは10年以上にもなるのですね。

そんな橋下徹さんですが、タレント業にも徐々に復帰しつつあります。

2017年10月26日からはAbemaTVで「橋下徹の即リプ!」という橋下徹さんがメインパーソナリティを務める、討論バラエティー番組の配信が始まりました。

毎回異なるゲストをお呼びし、お酒を酌み交わしながらざっくばらんに話し合い、視聴者とツイッターを通じてやり取りするといった番組です。

お酒を飲んだ素の橋下徹さんの発言内容は興味深く、時には酔い過ぎて暴走してしまうところも面白いです。

そして不思議だったのが、不定期にアシスタントとして出演していた日本エレキテル連合の朱美ちゃんと細貝さんの存在でした。

なぜいまさら日本エレキテル連合なのかと思っていましたが、タイタン繋がりで、橋下徹さんのバーターだったのですね。

そして、2018年10月11日より、番組スタイルは変わらないのですが「NewsBAR橋下」としてリニューアルしました。

リニューアル後は日本エレキテル連合が干されてしまい、その役割はXXCLUB(ちょめちょめくらぶ)という同じタイタンに所属する高学歴のお笑いコンビに代わってしまいました。

コンビの一人は東大法学部卒で、現在、東大の法科大学院に通う秀才です。

番組的には法律に詳しいXXCLUBがマッチしていますが、日本エレキテル連合が少し可哀想・・・

↓|NewsBAR橋下#04|ゲスト:橋本大二郎|毎週木曜よる11時に放送時間お引越し!

おわりに

幼少期からの困難を乗り越え、自らが政界という困難に立ち向かった橋下徹さん。

政界を引退後は、体調も良さそうで、番組で見る橋下徹さんの表情も非常に穏やかです。

忙しい合間を縫いながらも、趣味にも高じるといった、人間らしい生活を手に入れることが出来ました。

しかしおそらくは、そんな生活も物足りなくなってくるのが橋下徹さんなのではないでしょうか。

政界には戻らないとは語っていますが、その外野からはコメンテーターとして活動したいとは語っています。

橋下徹さんは、コメンテーターとは本当に無責任な存在で、現在活躍しているコメンテーターに対しても辛口の発言をしており、今後はその世界に殴り込みを掛けそうな勢いです。

そろそろ橋本徹さんの戦う本能が疼き出して、所属事務所のタイタンとその準備を整えているところだと思います。

理不尽に引っ掻き回すのではなく、理路整然と、現在活躍している無責任なコメンテーターたちを一網打尽にしてもらいたいですよね。

番組的にも面白くなりそうだし、需要も高いのではないでしょうか?

橋本徹さんの今後の活躍も心より応援しております。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます!



↓宜しければ、応援のほどよろしくお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ




 - タレント , , ,