水谷豊の娘がとと姉ちゃんやリバースに出演!ブサイクとの噂を調査

      2018/11/09

いまや大御所俳優として、ドラマ「相棒」でお馴染みの水谷豊さん。

そんな水谷豊さんの娘も同じ俳優として活躍されています。

「とと姉ちゃん」や「リバース」をはじめとする数々のドラマにも出演し、親の七光りを払拭するといわれる演技力が評価されていす。

しかし一部には、ブサイクとの噂もありますがいかがなものか調べていこうと思います。

それでは早速、見ていきましょう!

Sponsored Link




水谷豊さんの娘って誰?

水谷豊さんの奥さんは超人気アイドルグループ「キャンディーズ」のメンバーとして活躍していた伊藤蘭さんですね。

馴れ初めは、水谷豊さんと伊藤蘭さんのお仕事が一緒になったことがきっかけで、交際から結婚に至りました。

そもそも水谷豊さんが伊藤蘭さんの大ファンで、水谷豊さんの方から積極的にアプローチしたそうです。

そんな水谷豊さんの努力が実り、1989年にハワイで挙式をあげています。

水谷豊さんの渋い印象からは、当時のミーハーぶりが想像できませんね。

シャイな性格と言いつつも、決めるところは決めるという性格が、こんにちの水谷豊さんの地位を作り上げたのですね。

そんな愛する伊藤蘭さんとの間に、子供を授かりました。

1990年9月21日に可愛い一人娘の水谷 趣里(みずたに しゅり)さんが誕生します。

芸能界では「趣里」という下の名前で活躍されているので、言われないと水谷豊さんの娘とは気が付かないですよね。

しかし、そんなビッグネームの両親の娘としての気負いを感じさせない活躍ぶりが注目されていますね。

水谷豊さんの娘が女優へ

水谷豊さんの娘「趣里」さんは、幼い頃からクラッシックバレエに打ち込んでおり、将来はバレリーナになることを夢見ていました。

そして、15歳の時にイギリスのバレエ学校に留学しましたが、アキレス腱断裂や剥離骨折などの怪我にみまわれ、ドクターストップがかかってしまい、バレリーナの夢は閉ざされてしまいました。

クラッシックバレエも本当に過酷ですよね。体型を維持するだけでも大変なことなのに、その様な怪我にみまわれるものだとは思ってもいませんでした。

幼い頃からの夢を打ち砕かれた趣里さんの気持ちを考えると、本当に可哀想な経験でしたね。

落ち込む趣里さんは将来の希望を失いながらも、アルバイトや就職活動を続けていました。

そんな時、気晴らしのつもりで塩谷瞬さんが主宰する演劇学校「アクターズクリニック」のレッスンを受けることになりました。

そこで演技の楽しさに目覚めた趣里さんでしたが、それはそれで、ビックネームの両親の名前が、趣里さんの俳優としての道に立ち塞がることになります。

趣里さんは二世タレントとして、しかも女優として生きていくことは、親の顔に泥を塗らないように、中途半端な気持ちでは務まるものではないと強く感じていたそうです。

そんな重圧を感じ、悩んでいた趣里さんでしたが、塩谷瞬さんからの強い後押しもあり、女優として生きていくことを決意しました。

二世タレントには多くの重圧がありますよね。

そんな重圧に負けて、ドロップアウトしている二世タレントも多くいる中で、趣里さんの決意は相当強いもので、トンデモナイ努力もされていたのでしょうね。

Sponsored Link




水谷豊さんの娘の活躍

役者としての修行に励み、本格的に女優として活動するために、2011年に『3年B組金八先生ファイナル「最後の贈る言葉」4時間SP』のオーディションに合格し、見事女優デビューへこぎつけます。

その後も役者としての更なるステップアップを図るために、大学を中退し、「アクターズクリニック」やアメリカの演技学校「ステラ・アドラースタジオ・オブ・アクティングなどで、修行を重ねていきました。

お母さんの伊藤蘭さんによれば、趣里さんの気質は、お父さんの水谷豊さんに似にて、非常に努力家であり、お芝居に対する想いも相当強いとのことです。

趣里さんは、二世タレントとしての重圧を良い方向に形づくり、ひたむきに頑張るという根性も持ち合わせていたのですね。

その努力が着実に実を結び、「とと姉ちゃん」での演技が高く評価され、大きな注目を集めることになりました。

その後も「リバース」や、最近では「ブラックペアン」などのテレビドラマで大活躍することになります。

活躍の場はテレビだけではなく、映画や舞台、さらにはCMにも起用されるようになりました。

今はまだ活躍の途中で、今後さらに大女優としての仲間入りを果たす勢いを感じさせてくれる演技力の持ち主です。

水谷豊さんの娘がブサイク?

趣里さんの顔は完全にお母さんの伊藤蘭さん似ですよね。

どう見ても趣里さんはブサイクでは無いし、逆にカワイイというのが一般的な意見なのではないでしょうか?

有名人に必ず付きまとうのが「ブサイク」という単語ですよね。

ひがみ根性や面白半分につける枕詞のようになっていますが、それこそが、有名になって、売れてきたという証拠です。

検索キーワードに「ブサイク」という単語が出てくるようになったら、勝ち組に入ったということで認識するべきですよね。

ということで、ブサイク認定された趣里さんには「おめでとうございます!」という言葉を送りたいと思います。

今後も有名になればなるほど、いろんな噂も流れてくるようになるとは思いますが、くだらない噂などは蹴散らして邁進し続けてもらえればと思います。

Sponsored Link




↓CM「世界に一つの日々と[3人の日々篇]

おわりに

趣里さんの活躍には目ざましいものがあります。

ファンの世代交代も加速し、趣里さんが水谷豊さんの娘として扱われるのではなく、女優「趣里」の父親が水谷豊さんだったと言われる日も遠くないのではないでしょうか。

そんな愛娘の活躍を、お父さんの水谷豊さんの本当に喜んでいる姿が目に浮かびますよね。

もちろんお母さんの伊藤蘭さんも、愛娘には様々な心配を抱えつつも、大きく成長していく姿に安心しているのではないでしょうか。

二世タレントという肩書を払拭しつつある趣里さんの今後の活躍も、心より応援しております。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます!



↓宜しければ、応援のほどよろしくお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ




 - タレント , , , ,